エフェクターブランドminimichineのブログ

奈良県のエフェクターブランド“minimichine(ミニミシン)”のブログです!


スポンサーリンク


仙台“GLIDE”さんでminimichine製品取り扱い開始!

こんばんは、minimichineです。

 

この度、仙台にございます国産ギター・ベース専門店“GLIDE”さんで、minimichine製品のお取り扱いが開始しました!

 

 

 

取扱が開始される商品は…

 

 

 

 

以上の3点になります!

 

 

最初にお話をいただいたときのメールの文面がとても丁寧で、すごく良い楽器屋さんなんだろうなあと思っていたのですが、その予想は的中。

 

お客様に製作者の意図を明確に伝えたい、というお店のコンセプトがあるようで、色々と製品に込めた想いなどをお話させていただきました。

 

やっぱり制作側としては、そういう考えを持って頂けるととても嬉しいです。

 

 

 

ブログにもご紹介いただきました!

 

 

minimichine目当ての方も、そうでない方も、お近くの皆さまはぜひぜひ足を運んでください!

フットスイッチの変更


 

あけましておめでとうございます!

minimichineさん(@minimichine)が投稿した写真 -

 

 

 

こんにちは、minimichineです。

 

みなさま、2017年の始まりをいかがお過ごしでしょうか。

 

私といいますと、呑気にバクバク食べて太って……そんなことは、どうでもいいですね。

 

実は、年末に製品製作で使用するフットスイッチが在庫切れしそうでして、2017年は気分一掃、新しいフットスイッチを使おうと思いとあるフットスイッチを購入したのです。

 

 

 

 

alphaのフットスイッチがズラリと届きました

minimichineさん(@minimichine)が投稿した写真 -

 

 

 

それが、Alphaという会社のフットスイッチになります。

 

従来使用していたフットスイッチとは大きく変わりません。

 

踏み心地はAlphaのほうが少しやわらかいかな、と言う程度でしっかりと踏んだ感触の残るもの。

 

その他サイズなどはほぼ同じと思って頂いて結構です。

 

ただ、お客様にとっては1点、視覚的にはっきりと変わる箇所があります。

 

f:id:fukuroko-ji:20170104235823j:plain

こちらが従来使用していたフットスイッチ

 

 

f:id:fukuroko-ji:20170104235837j:plain

そしてこちらが、今回から使用するAlphaのフットスイッチになります。

 

皆さま、お気づきになられますでしょうか。

 

「青から黒になっている!」というのはもちろんなのですが、その部分はエフェクター内部にありますので、パッと見た際には分かりません。

 

大きく変わるのは、ワッシャーです。

 

従来のフットスイッチでは白いプラスチックのワッシャーだったのが、今回のAlphaのフットスイッチでは金属のワッシャーになります。

 

これが、パッと見の大きな変更点ですね。

 

実際に製品で見てみますと…

 

 

f:id:fukuroko-ji:20170105000147j:plain

 

 

このような仕上がりになります。

 

高級感が出た、いやいや前のほうが良かった、

 

色々なご意見があるかと思いますが、今後はこちらのフットスイッチを製品にも使用させていただきます。

 

ウェブショップや各楽器店などの在庫も順次こちらのモデルに変更される予定です。

 

皆さま何卒よろしくお願いいたします。

 

 

また、重ね重ねにはなりますが、2017年もminimichineをご贔屓のほど、何卒よろしくお願いいたします。

年内の営業について

こんにちは、minimichineです。

 

本日はメリー・クリスマス!

 

www.instagram.com

 

 

本日は駆け込みでクリスマスプレゼントをご注文いただいた分を発送してまいりました。

 

一日二日遅れちゃいますが、喜んでいただければうれしいです。

 

 

 

さてさて、みなさん年末をいかがお過ごしでしょうか。

 

 

学校も冬休みに入ってひまだ という人もいれば

 

大掃除が大変だ という人もいらっしゃるでしょう

 

仕事納めまでまだまだもうひと頑張り というのは、私もです。

 

 

本年を振り返りますと、あまり新製品を発表できなかったなあというのが反省です。

 

本年唯一の新作が、トレモロの“たゆたひ”

 

f:id:fukuroko-ji:20160705000218j:plain

 

minimichine.hatenablog.com

 

 

上記でご紹介しておりますので、まだご覧になられていない方はぜひぜひ。

 

色々と新製品の試作は続けておりますので、来年は新作を3つ発表することを目標に頑張ってまいります。

 

 

さてさて、本題です。

 

年内のminimichine、及びウェブショップの営業ですが、

 

12/28(水)から、1/3(火)までお休みとさせていただきます。

 

この期間にいただいたご注文などは、休み明けの1/4(水)よりご対応させていただきます。

 

28日までにご注文いただきました分に関しては、年内に発送させていただきますので、そちらはご安心ください。

 

 

では、良いお年を!

 

 

“あをによし” 和紙の色味変更のお知らせ

みなさんこんにちは、minimichineです。

 

いよいよ肌寒くなって秋〜冬の到来が感じられるこのごろです。

 

さて、表題の件ですが…。

 

minimichine製作のブースター “あをによし” は、表面のデザインに和紙を使用しております。

 

その和紙は、私自身が直接和紙屋さんに買いに行っているんです。

 

 

f:id:fukuroko-ji:20161017000343j:plain

 

 

こういう感じで売っているんですね。

 

購入時点で一枚一枚色味・模様の違うものですので、その一枚がなくなれば、また新しい色味・模様の一枚を探しに行くのです。

 

つまり、一枚の和紙がなくなれば、“あをによし” の色味・模様もまた新しくなる、というわけです。

 

 

この度、大変ご高評いただいていることもあり、“あをによし” の和紙の二度めの変更をすることとなりました。

 

その新たな和紙が…

 

 

f:id:fukuroko-ji:20161017000644j:plain

 

 

こちら!

 

前回は緑と赤を基調とした和紙でしたが、青色の色味のものを求められる方が多く、今回はご要望を反映して青っぽい色味の和紙を購入しました。

 

実際制作してみますと…

 

 

f:id:fukuroko-ji:20161017000755j:plain

 

 

このようになります!

 

新しい色味の “あをによし” 、おひとついかがでしょうか。

 

 

 

 

今回ご紹介した色味は今回分の和紙がなくなり次第終了となりますので、お早めに。

 

 

また、こちら実機はミュージックランドKEY京都店さんにお送りいたしますので、ご希望の方はぜひぜひどうぞ!

夏休みお中元企画スタート!

こんにちは、minimichineです。

 

みなさん、この暑い夏はいかがお過ごしでしょうか。

 

私は先日奈良市の方へ行ってまいりました。

 

f:id:fukuroko-ji:20160819122247j:plain

 

横断歩道を渡る鹿。信号が青でも車は止まります。

 

 

 

奈良にうまいものなし、と言ったのは志賀直哉ですが、そんなことはありません。

 

柿の葉寿司なんかは絶品ですし、現在の奈良市はお菓子・スイーツの宝庫でもあります。

 

もちろん昔ながらの和菓子店なども健在で、私もよく伺ったりします。

 

今回お伺いしたのは萬々堂通則さん。

 

そこで、あるお菓子を発見してしまいました…

 


 

なんと、minimichineで制作しているブースター“あをによし”と同じ名前の和菓子!

 

これは買うっきゃない!と思っていくつか購入いたしました。

 

f:id:fukuroko-ji:20160819125956j:plain

 

口どけまろやかな砂糖菓子で、ふっと一息つくにピッタリです。

 

 

今回は、その『“青丹よし”小10枚入り』を、ご愛顧いただいておりますお客様にお中元としてプレゼントいたします!

 

応募方法は…

 

ツイッターで、minimichineアカウント(@minimichine)をフォローいただき、ハッシュタグ『#青丹よしお中元』または『#minimichine』をご記入の上、minimichine製品が写っているご自身のエフェクターボードの写真と共にツイートしてください。

 

 

②8月1日〜31日までにminimichine製品をご購入の方は、購入時の領収書(納品書など購入を証明するものでOK)を、メール(minimichine@gmail.com)またはツイッターのDMでminimichineまでお送りください。

minimichine直販サイトにてご購入のお客様はご購入時点でご応募完了とさせていただきます)

 

各応募方法それぞれ1名様にプレゼントいたします!

 

応募締め切りは8月31日23:59まで! ドシドシご応募ください!

 

 

ご応募に関する注意点

*日本国内にお住まいの方で、商品のお届け先が日本国内の方のみご応募可能。

*当選はツイッターのDMまたはメールにてお知らせいたします。その際発送先情報をお伺いいたしますが、当お中元以外の使用はいたしません。

*当選者のご紹介などさせていただきたいので、当方webサイトやツイッターなどに応募ツイート内容の掲載をさせていただきます。

*"青丹よし"は賞味期限が9月15となりますので、到着後お早めにお召し上がりください。

新製品“たゆたひ(い)”のご案内

みなさんどうもご無沙汰しております、minimichineです。

 

ここ最近私生活でバタバタしておりました。

 

ですが、バタバタしていたのは私生活だけではございません。

 

minimichine久しぶりの新製品を開発しておりました。

 

それが、こちら

 

f:id:fukuroko-ji:20160704233804j:plain

 

 

minimichineの新製品“たゆたひ(い)”です。

 

コントロールの名前と写真左側の木材の印字で何となくお分かりになられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こちら、minimichineとしては初の揺れモノ、トレモロです。

 

しかも、なんとイシバシ楽器様とのコラボレーションのトレモロなのです。

 

 

簡単に経緯を説明しますと…

 

私は商品を卸しているお店に足を運ぶことが結構あるんですね。

 

お客様の反応を見たり、他社様の製品をチェックしたり、「あ、この店在庫切らしてるな」といった冷やかしも。

 

実際にお店に伺うことで分かることもあるんです。

 

 

ある時、イシバシ楽器神戸三宮店におじゃました際に、店員であるMさんから、「何かイシバシオーダーで製品を作っていただくことはできませんか?」というお話をいただきました。

 

それが昨年の10月頃でしょうか。

 

Mさんからいただいたオーダーは、「最近っぽくない、レトロなトレモロ。」「曲で言うならば、RadioheadのPlanet Telexの冒頭みたいな。」

 

 


 

最初は本当に最近っぽくないな、と思ったのですが、minimichineでこれまで取り組んできた、プリント基板を使わず部品と部品の足を繋いで制作する、というスタイルで作れば、近いイメージになるのではないかと感じました。

 

 

実際は、そこからが長かったです。

 

単純な音の問題はもちろん、ノイズの問題、ボリュームを付けるなら内部トリマにするか、外に出すなら可変域はどの当たりにするか…

 

一歩進んだと思えばまた何かしらの問題が出てきて困ってしまい、またそれを乗り越えるという繰り返しでした。

 

そしてようやく完成したのが、“たゆたひ(い)”です。(今回このネーミングはイシバシ楽器スタッフ様に考案いただきました)

 

 

f:id:fukuroko-ji:20160704235629j:plain

 

 

コントロールは揺れの速さを決めるSPEED、揺れの深さを決めるDEPTH。

 

そしてトレモロにおいて最も必要と私自身感じるVOLUMEの3つです。

 

 

トレモロというのは、本来音が出たり出なくなったりする効果です。

 

つまり、同じ音量でも持続的に鳴っている場合と、断続的に鳴っている場合では感じる音の大きさが異なります。

 

つまり、原音そのままを断続的に鳴らしてしまうと、どうしても音が小さく感じてしまうのです。

 

VOLUMEツマミで調節すれば、そのような音の引っ込み感も解消できます。

 

 

 

また、“たゆたひ(い)”のデザイン面での目玉といえるのが、ツマミに貼り付けた木材。左からマホガニー、ヤニマツ、エンジニアウッド。

 

こういうツマミのデザインって、ありそうであまりなかったですよね。

 

 

f:id:fukuroko-ji:20160705000035j:plain

 

 

デザインには“あをによし”同様和紙を採用しています。1点1点模様が変わります。

 

LEDはホワイトを採用。あまり強く光らないように設定し、かつ、トレモロの揺れに合わせて点滅するようにセッティングしています。

 

フットスイッチは機械式スイッチによるトゥルー・バイパス。

 

電源はDC9Vアダプターまたは9V電池が使用できます。

 

 

f:id:fukuroko-ji:20160705000218j:plain

 

 

トレモロって、案外使いみちがないようですが、一つ持っているとアイデアがすごく湧いてくるエフェクターだと思います。

 

ぜひ、お一ついかがでしょうか。

 

現在ご予約受付中です。

 

 

 

※7/22発売開始 現在ご購入手続きいただきました方は予約として受け付けいたします。


なお、発送は7/22以降順次行います。現在ご注文いただきました分は7/22〜7/29内で発送いたします。


また、石橋楽器店各店でも予約取り扱いを開始いたします。


お問い合わせはhttp://www.ishibashi.co.jpまたは最寄りの各店までお願い致します。

LOOP ECHO 2016 [空中ループ × sleepy.ab in 能楽堂] 伺ってきました。

こんにちは、minimichineです。

 

更新が随分おろそかになっていますが、日々ご注文などお引き受け・制作は続けておりますよ。

 

 

さて、表題の件です。

 

先日4/9に、京都の金剛能楽堂にて行われた空中ループのイベント【LOOP ECHO 2016 [空中ループ × sleepy.ab in 能楽堂] 】に伺ってきました。

 

 

以前も同じシリーズにお伺いしたのですが、その際は同じく京都の大江能楽堂という会場。こちらでは音の問題もあり、アコースティックなセットとなっていました。

 

ですが今回お伺いした金剛能楽堂は、なんとバンドセットでの音出しが可能! 空中ループのバンドセットを初めて拝見できるとあって非常に楽しみでした。

 

 

また、以前よりベースの森さんには、minimichineのベースオーバードライブ“たまゆら”をご使用いただいているのですが、何と今回はボーカル・ギターの松井さんに“あをによし”ご使用いただいてのステージとなっておりました。

 

 

 

自分の制作したものが実際にステージで使われている、という嬉しさはもちろんでしたが、会場の雰囲気も相まって素晴らしいライブでした。

 

ちなみに、リハーサルからお邪魔していたのですが、ノイズ等の問題にも次々素早く対応されるスタッフさんの姿は本当に感動的でした。

 

色々と足元についてのご相談も受けたのですが、やっぱりエフェクターはステージで使われてナンボだよなあって再認識させられた、そんな夜でした。

 

イベントの写真などは空中ループのブログにばっちしありますので、そちらもどうぞご確認ください!

 

http://blog.kuuchuuloop.net

 

関係者の皆さま、お招きいただき改めてありがとうございました。